シルバー人材センターとは

高齢社会の中で、まだまだ元気な高年齢者が増加し、毎日働くことは望まないものの働く機会を得たい、社会に役立つ仕事をしたいという、健康で働く意欲のある高年齢者が増加してきています。 このような社会情勢に応えるため、シルバー人材センターは誕生しました。

高年齢者の知識や経験・能力を活用できる、臨時的・短期的な仕事を、官公庁、民間事業所、一般家庭などから引き受け、高年齢者の希望や能力に応じて提供し、会員相互が協力して完成させる、「自主・自立、共働・共助」の精神で自分たちの手により運営している団体です。


シルバー人材センターでは

高年齢者の豊かな知識・経験・技能を活用した『働く場』を提供することにより、働くことを通じて、高年齢者の社会参加を図り、活力ある地域社会づくりを目指しています。

シルバー人材センターは、地域の高年齢者が自主的に設置・運営をしている公共的な性格をもつ公益社団法人です。

国、府、市の指導・援助のもとにある「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」に基づく、非営利の公益法人です。